スキンケアしない美肌術TOP > 肌本来の自潤力を引き出す方法 > 防腐剤が皮膚常在菌を死滅させる
     

皮膚常在菌と共生してこその美肌

常在菌というと腸内に住む善玉菌や悪玉菌を想像しますが、同じように毛穴にはおびただしい数の常在菌が棲みついているといわれています。

こうした皮膚に棲みついている常在菌のことを皮膚常在菌といいますが、皮膚を弱酸性に保ち、雑菌や病原体のようなものを寄せ付けないために働いてくれたり、 肌の保湿にも非常に重要な役割を果たしてくれています。

人間と常在菌というのは持ちつ持たれつの関係にあり、お互いに助け合って共生しているものです。 皮膚常在菌についていえば肌トラブルを防ぎ、肌環境を健康に保ってくれているわけですが、 基礎化粧品でスキンケアをしていると界面活性剤と防腐剤の影響で、その大切な常在菌が洗い流されてしまったり、死滅してしまいます。

雑菌から肌を守り、うるおいを保っている皮膚常在菌がピンチ

皮膚常在菌には、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、真菌類(カビ、酵母)などがあり、1?に1~10万個、合計するとは1兆個生息していると言われています。

表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗を分解して弱酸性の脂肪酸を作り出します。この脂肪酸が汗や皮脂と混ざり合うことで、 肌の表面は常にpH4.5~6.5の弱酸性を保ち、雑菌や病原体から肌を守ってくれています。

また、アクネ菌はニキビの原因の菌といわれることが多いんですが、皮脂を分解して脂肪酸とグリセリンをつくり、皮脂膜の材料をつくっています。 皮脂膜は天然のクリームといわれるものですから、その材料を作るということは肌の保湿に非常に役立っていることが分かると思います。

このように肌にとって非常に重要な役割を果たしてくれている皮膚常在菌ですが、メイク&スキンケアをすると著しく数が減少してしまいます。 「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」のなかで宇津木先生がメイク&スキンケアをしている女性スタッフ数人と皮膚常在菌の数を調べるくだりがあるんですが、 宇津木先生の小鼻付近の皮膚常在菌が1?あたり60万個いたのに対して、女性スタッフは多い人で3万個、一番少なかった人はなんと500個だったんですね。

パラペンなどの強力な防腐剤、パラペンフリーであってもアルコール(殺菌剤)、保存料(殺菌剤)など防腐作用があるものを配合したスキンケア化粧品を何種類も使って、 毎日スキンケアしていると、肌表面の皮膚常在菌は死に絶えてしまうというわけです。

スキンケア化粧品を使った毎日のお手入れ以外にも皮膚常在菌を減少させたり、バランスを乱すなど、悪い影響を与えるものはいろいろあって、

・洗いすぎ
・保湿しすぎ
・ストレス
・乱れた生活習慣(睡眠、冷え、運動不足)

といった感じであります。肌を健康で美しい状態のまま保とうと思ったら皮膚常在菌が嫌がることは止めて、喜ぶことをしないといけないということです。

皮膚常在菌を増やす「菌トレ」が必要です。

皮膚の常在菌が喜ぶことは以下のとおりです。

・運動や入浴で皮膚常在菌のエサとなる汗をたっぷりかく
・クレンジング、洗顔料を使った洗顔を止める
・スキンケア化粧品を使うのをやめる
・しっかり寝る
・冷えに気を付けて、皮膚の温度を冷やさない
・糖質や脂質の多い食生活を改める
・ストレスをためこまない

牛田式でも皮膚の常在菌についてはたびたび触れられていて、運動や入浴で汗をかくことの重要性を説いています。

汗は常在菌の大切な食料。とくにうるおいを守る表皮ブドウ球菌の大好物です。日常的に汗をかいていると、 常在菌のバランスがととのい、肌トラブルが起こりにくくなります。

【引用:何もつけない美肌術 p23】

「スキンケアをやめて、規則正しい生活習慣をおくる。」菌トレといっても結局はここに行きつくわけです。特別に何かしないといけないということはないので、 あとはもう本当にやるかやらないかだけだと思います。

それからよくある疑問としては、肌は弱酸性なんだからアルカリ性に傾かない弱酸性のスキンケアをしたほうがいいのでは?というものがあります。 確かに肌は弱酸性ですが、アルカリの刺激を受けても15~30分もすれば元の弱酸性に戻る『アルカリ中和能』という機能が備わっているので、わざわざ弱酸性のスキンケアをする必要はないです。

肌には自分の力で回復する機能があるんだから、余計なことはしないていいってことです。

「スキンケア化粧品の害」のその他のコンテンツ

Page top icon