スキンケアしない美肌術TOP > 実践!宇津木式+牛田式 > 一次性刺激物質を避ける
     

肌に刺激となるものを避ける

美肌になる一番の近道は、肌にもともと備わっている機能を引き出してあげることです。そのためには肌本来の機能を損なうものと肌を触れさせてはいけません。

メイクアップ化粧品や基礎化粧品に含まれている界面活性剤はもちろんのこと、牛田式では洗濯洗剤や柔軟剤、抗菌グッズも避けるようにといっています。 こうした肌に刺激になるものが日常感じる肌のトラブルの原因になるからですよね。

もちろん肌には強い、弱いがあるので、どこまで一次性刺激物質を避けるべきかというのは人それぞれ違ってくると思います。 とにかく肌が弱くてすぐに赤くなるとかかゆみが出てくるという場合は徹底したほうがいいのは間違いありません。

一次性刺激物質って何?

何らかの物質に触れたときに肌が赤くなったり、かゆみがでてくることを接触性皮膚炎といいます。 アレルギーや敏感肌と混同しやすいんですが、全く別物です。肌にとって許容範囲を超える刺激に対して起こる炎症のことで誰にでも起こり得ます。

この接触性皮膚炎を引き起こす原因になるものをまとめて一次性刺激物質といいます。石油由来の成分であったり、多くの化学物質、天然成分であっても 山芋やウルシで肌がかぶれるように一次性刺激物質になります。

一次性刺激物質に肌が触れると炎症を起こします。炎症を起こすとか赤みや腫れ、かゆみといった症状がでてきますし、 もっと怖いのが活性酸素も発生するので、肌細胞が破壊されてしまうということです。老化も進みますし、メラニン生成も促進されて肌もくすんできます。

肌が汚い人に共通しているのは肌内部で慢性的な炎症が起きているということなんですね。

なので、できるだけ肌に刺激や摩擦をあたえないこと。理想をいえば刺激や摩擦を断つことが美肌になるためには非常に重要になるということなんです。

化粧品に多く含まれる界面活性剤、抗菌剤、柔軟剤などは一次性刺激物質として特に強力なものなので気を付けるのはもちろんですが、 他にもコットンで肌を擦るとか、肌をマッサージするというのも肌に炎症を起こす原因になるものです。 頬杖をつくとか顔を触る、なでるというのも肌のことを思えばやめたほうがいいと思います。

残念ながら普段私たちが暮らしている環境は、一次性刺激物質まみれです。こうした刺激から肌を守るために肌にはバリア機能というものがあるわけですが、 そのバリア機能が普段のメイクやスキンケアで破壊されているのが、肌トラブルを深刻化させ、長引かせている原因になっているわけです。

紫外線や花粉、大気中の化学物質など自分ではどうにもできない一次性刺激物質もあるんですが、 基礎化粧品やシャンプー、洗剤などの日用品からの刺激というのは自分でコントロールできるはずです。「避けられるものは避ける」ってことです。

非接触を心がけて、肌のバリア機能が本来の機能を果たすようになれば、紫外線や花粉、大気中の化学物質といった刺激に接触してもゆらがなくなります。

牛田式の「非接触生活」はかなり本格的!

「肌に負担をかけるメイクは極力控えて、肌の機能を損なうスキンケア化粧品を使うのはやめよう。」という点は宇津木式も牛田式も同じですが、 牛田式はより肌が弱い人向けの「非接触生活」に焦点を当てている点がポイントです。

なので、宇津木式では触れられていない洗剤や柔軟剤、抗菌剤の話がでてきます。

「職場のパソコン、電車のつり革、クリーニングから帰ってきた後の服など日常触れるものの多くは抗菌加工してあるので、 それに触れれば抗菌剤が手に付着し、その手で顔を触ると肌トラブルの原因になる。」

といったところまで考えているんですね。手についた刺激物質を落とすためにペーパータオルや手洗いが推奨されているところをみると、 肌が弱い人という向けというより、化学物質過敏症を対象にしているのかな?と思うぐらいは徹底してます。

ほとんどの人は、ここまでやる必要はないと思うんですが、メイクもスキンケアもシャンプーもやめたのに、まだ肌に赤みやかゆみがあるとか、 顔ではなくて背中など体にトラブルがあるという場合は、洗剤や柔軟剤、抗菌剤まで考えなくちゃいけないでしょうね。

・ペーパータオルを使って手を洗う
・使っていい洗剤は「トップクリアリキッド」の1種類のみ
・衣類やタオル、寝具は推奨洗剤で2度洗いする
・食器を洗うときはゴム手袋をする
・台所洗剤も本当に使わないといけないのか考える
・抗菌加工しているものは推奨洗剤で2度洗いする
・洗濯できないものは洗濯したものでカバーする

【抜粋:何もつけない美肌術】

ここまでやる必要があるみたいです。子供がアレルギーのお家みたいです。

どこまでできるか、やれそうかというのは、自分の肌の状態と相談してということになると思います。個人的に興味深いと思ったのは洗剤についてです。 市場に出回っている洗剤で肌の弱い人にも安心しておすすめできるのが1種類しかないというのはちょっと驚きでした。 背中ニキビとかかゆみに悩まされている人、アトピーの人はチェックしておいたほうがいいかもしれません。

「実践!宇津木式+牛田式」のその他のコンテンツ

Page top icon